スキー雑記

絵のうまさ・スキーのうまさ(2021/09/18)

エリザベート-ルイーズ ヴィジェ-ルブラン マリーアントワネットのお抱え画家である。当時はまだ女流画家は珍しかったようだが、その卓越した描写力は、単に王妃お抱え画家というだけでなく、なんとなく「勤労夫人」の草分け的存在のようなもの・・と僕は考…

新たな操作・動作が加わった?(2021/09/18)

自然で楽な・・・では、「荷重・角付け・回旋」の回旋(ひねり)を省いたと平川氏。なるほどそうだったか・・・しかし、楽にはならず、そこには新たな難しさが加わったように思う。 カービングスキーの登場により、スキーはいろんな点で楽になったはずだ。 …

スキー黎明期・平川仁彦氏(2021/09/18)

凄いことが語られている。 特にTOK語録と重複してる箇所が複数あり、驚いた。 ホストの渡辺一樹氏は聞いてるだけで、ほぼほぼ、平川氏の喋りである(笑)しかし、僕はNHKベストスキーのテキストを購入、全て録画しているので違和感は無く、懐かしさすらある…

新旧滑りのスタイル(2021/09/17)

この動画を観てスキーに対する考えが変わった。チーム・デサントのアルペントレーニング動画からの抜粋である。時は何と1987年・・・今から34年も前の滑りになる。 それにしても上手い・・・現在の僕よりも遥かに上手であるし、仮に今、僕がこの滑りをしたな…

エビデンスと導き出される結論のマジックⅡ(2021/09/11)

この「ネジ付ストロー」モデルは、実は下記のスキー論に連結している。それを証明したくて作成したのだった。 我がスキーの師、故・佐々木徳雄氏のサイトより「スキッドターン」 ↓↓ http://olss.jpski.com/QaCarv.html#36.スキッディング スキーの場合、荷重…

エビデンスと導き出される結論のマジック(2021/09/11)

昨夜、泊り勤の際にこんな物を作ってみた。 さて、どちらから先に落ちるだろう・・・何度やっても、重い方のビスを取付けた側から先に落ちる。 ガリレオの実験・万有引力の法則では「重力による物体の落下速度は、その物体の質量の大きさに依らない」とある…

東京2020パラリンピックとチェアスキー(2021/09/11)

東京2020・パラリンピックが終わったところで、ふとチェアスキーのレジェンド、大日方邦子さんのことを思い出した。彼女はパラリンピック5大会に連続出場し、長野大会で日本人初となる金メダルに輝いた。獲得したメダルは、金メダル2つを含め、計10個にもな…

自然で楽なスキー(2021/09/09)

数日前、「自然で楽なスキー」の自然で楽な・・・は、結果として「手抜きスキー」だったとの結論に至った。 きっかけは、コロナ禍おける紫外線でコロナ予防・・・という「エビデンス無視」の理論を考えている最中だった。この「エビデンス無視」が「自然で楽…

どこまで秋が来ているか?(2021/09/05)

昨夜から完全に大陸側の空気に入れ替わったようだ。今朝の湿度も57%と低い。 そこで気象データを確認すると、今後しばらく高層のジェット気流と湿度のデータが重複している。これは基本、秋雨前線の位置に重なっている。 これは意外だった。 ジェット気流の…

八甲田山スキーツアーの思い出(2021/07/20)

たまたま、ハリスマウンテンのヘリスキー動画を見ていると、集団で一気に滑る様子が映っていた。こんなことあるのかな?ふと、2005年、2006年の最厳寒期の八甲田山バックカントリー・スキーツアーのことを思い出した。 2005年、2006年と2月の最厳寒期に八甲…

真夏から真冬、そして真冬から真夏へ(2021/07/16)

2002年、スキーの長年の相方であったグループ会社のSAK氏に誘われ、初めてNewZealandへスキーに行った。当時、海外旅行は4回目。もちろん海外スキーは初である。バックカントリー・スキーも未だで、この時のNZでのスキー(ヘリスキー含む)が、2003シーズン…

長~いお付き合い、ギックリー(2021/06/21)

【長~いお付き合い、ギックリー】 昨日の午後、仙腸関節炎が出てしまった。 そして明けの本日、起床時は起き上がれないほどの痛み・・・ 帰宅後は18時過ぎに再起床。状態は今朝と全く同じだった。 寝ている間は殆んど痛みは無い。治ったのか?とさえ思う。…

腹筋を始めたこと(2021/06/14)

スキー滑走時の左右の不一致(左が閉じてしまう)の対策に「腹筋を引く」「お腹を凹ます」が有効だと改めてわかった。改めて・・であるから、これまで何度もその有効性に気付きながら、いつしか忘れているのであった。 通常の状態では、体幹の捻転に、然程、…

イングリット・バーグマンのスキー(2021/06/02)

映画「白い恐怖」(1945年)で、ほんの1カットだが、大女優イングリット・バーグマンのスキーを垣間見ることができる。日本で言えば昭和20年・・・76年も前のスキーになるが、彼女の所作を見て、僕は彼女がプライベートもスキーを楽しんでいた方ではないか…

映画「白い恐怖」(2021/06/02)

「白い恐怖」(Spellbound)1945年;米、監督;アルフレッド・ヒッチコック主演、イングリッド・バーグマン、共演、グレゴリー・.ペックのサスペンス。 改めて言うまでもなく、I.バーグマンの演技が素晴らしく、映画女優の基本形を見つけた気分になった。長く…

インラインその物の入替え(2021/05/25)

本日、72mmウィールに換装したローラーブレードMAXXM90にてインライントレを実施した。2016年に購入したローラーブレードMAXXM90だったが、本日の仕様でアイデアも出尽くした。試行錯誤の連続だった5年間だが、この練習場所での斜度には無理があるという結…

インライン・ウィール交換Ⅱ(2021/05/17~18)

昨年の10/23に引き続き、2回目のインラインのウィール交換を行った。スピード抑制を目的とした小径72mmウィールへの換装である。 先日の5/14から2022シーズンに向けたインライントレーニングを開始したのだが、2021シーズンに開眼に至った「第三の滑り」を…

2021シーズン総括(2021/05/14)

【2021シーズン総括】 1シーズン、丸まる抜けただけに、いろいろあった。約20ヶ月ぶりの初滑走の感覚は、意外にも普通で、特に感動も無く、淡々としたものだったが、その原因として、スキーを軸とした関連作業の多さを改めて実感、何をするにも緩慢でスムー…

今季、ネジレ最終の状況(2021/05/06)

2021/04/23実施、兵庫県:氷ノ山(1509.6m)・ネジレ谷の最終状況 Schi Heil !! 2021

過去の氷ノ山・ネジレ谷滑走(2021/04/19)

過去の「ネジレ谷」滑走。【2017/05/08】この時はGWを過ぎており、周囲の緑も深いように見える。中央部は滑走不可で、西側の雪庇下を滑走。斜度はかなりあった。 兵庫県最高峰であり、周囲にこれより高い場所はない。 ハチ高原と丹戸集落。右下端は氷ノ山国…

横手山・熊の湯・私スキ(2021/04/05)

横手山、熊の湯スキー場でのロケと言えば、私をスキーに連れてって」(1987年) 横手山と称した熊の湯スキー場での撮影シーンも多い。 スキーをやってる人であれば、「おいこら~!」という言葉がつい口をついて出て来るようなシーン・セリフのオンパレード…

熊の湯・ベストスキー中級編(2021/04/05)

先日の横手山・熊の湯スキー場といえば「私をスキーに連れてって」(1987年)のロケで有名だが、その前に・・・ 「NHKベストスキー中級編」1988年12月~1989年3月 講師:平沢文雄 スキーを始めた頃に欠かさず見ていた番組である。 ロケ地はこの二日間滑った…

第三の滑り(2021/03/25)

ここまでネーミングの決まってなかった今季の気付き・・だが、「第三の滑り」と命名することにした。僕にとってはこれまでに無い「第三の・・・」という意味合いもあるし、実際、分類の点からも・内~内→「山回り主体」、・正対→「直滑降」、・外~外→「谷回…

キリン峠2021(2021/03/24)

今季は全国的に、高い標高の位置では積雪豊富で、低い標高になるほど例年より積雪が薄い傾向があるようだ。今回のキリン峠についても木谷~キリン峠付近は積雪が薄く、薮に翻弄される結果となる。 写真は2017/4/24と今回2021/3/23を比較したものだが、時期的…

ブーツのたわみの反発を利用する件(2021/03/05)

前回・・・と言っても既に2週間が経過してしまったが、2/19の大屋ではパウダー滑走となってしまい、タイトルの件に付いての検証が遅れている。 遡ること、2021/02/12若桜でのコンディションはアイスバーンで、スキーのトップがフールラインに向く時間をやや…

開く・閉じる(2021/02/16)

ゴルフなどでも動作の結果を「開く」「閉じる」で表現されることがある。ヘッドが開く・閉じる・・・と言ったぐあいである。スキーではあまり使われることのない表現かなと思うが、最近特に、個人的に使う機会が増えた。 というのも、滑りが、内~内=「閉じ…

ネーミングは?(2021/01/31)

【新しく発見のスキー論】 ◇ 調査の結果、滑りが大別出来た(2021/01/28)◇ ①「内~内」 ②「外~外」 ③「辛うじて正対(直滑降)」 ②に付いては「2006・TOKキャンプ」の滑りがまさにそれだった(唖然)長めの谷回りにより外~外が見えてくる。これまでア…

いよいよシーズンが始まる?(2021/01/03)

自宅の大整理も済んで、正月も滞りなく終了した。残すはスキーのシーズンインである。今年は12/14から順調に雪が降り続いており、稀に見る好コンディションのシーズンとなっている。所用が無ければ既に滑走日数は4日ほどになっていたかもしれない。 否、そ…

スキーの準備に着手(2020/12/20)

延べ11日目となった。 本日は自宅大整理のクライマックス・・・スキー部屋のスチールラックの錆取りと、荷物などの整理を実施する。やっとスキー部屋の方が落ち着いたので、本日から晴れてスキーの準備へと移行することとなった。ここまで来るとやっとスキー…

山スキー用具の更新(2020/12/19)

昨年、山スキー用のバックパックをミレー(30+10)に替えた。ところが、職場の人員減の煽りや極度の雪不足、コロナ禍などで、結局、使わずに終わってしまった昨シーズン・・・ 先日、装備を入れてみると、どういう訳か?入りきらない。そこで装備更新も兼ね…