車のバッテリー顛末(2020/10/16)

2020シーズンの滑走日数は0日で、愛車を最後に動かしたのはいつなのか?すっかり記憶から飛んで久しい。

とっくの昔にバッテリーは上がってしまい、当然のことながら、車のキーを回してもカチカチ音がするどころか、ハザードすら点灯しない状態である。

1月に交換したスタッドレスタイヤも放置したままで、とうとう夏を越えてしまった。スタッドレスタイヤは、ダンゴ虫やクモなどの住処にもって来いらしく、落ち葉などで凄いことになっている。

スタッドレスは昨年末に交換予定で出来ずじまいだったので、まぁ良いとしても、バッテリーが完全に死んでしまっては交換にも行けない。

そこで思案した挙句、スターターを購入。

始動の後、バッテリー交換に向かう手はずで、死角は無いと思われた・・・

とはいえ、スターターを購入してから既に数ヶ月が経過してしまい、まずはスターターの充電を行う必要があった。スマホの充電と同じような感覚で小1時間ほど充電すると、45%から90%まで回復。スターターからスマホの充電も可能で、LEDライト装備され、台風などの停電などの際にも役に立つ優れモノである。

車のエンジン始動は一発でOK、幸先良いスタートとなった。

先ずは車を少し移動して駐車場の掃き掃除・・・特にタイヤの周辺の落ち葉・虫の死骸・クモの巣がひどかった。

清掃している間、エンジンはかけっぱなしで、特に不安定要素は無い。

駐車場の清掃を終えると、一路、カー用品店までドライブである。

自宅の周囲を少し試験走行した後、幹線道路へと向かう。

一時停止を1箇所過ぎ、1つ目の信号が赤で停止する。

停止と同時にエンジンストール・・・「あれ?おかしいな」

電装関係は全て停止しており、負荷は無いはずである。

それにしても信号待ちで停止するとは・・・ハザードすら使えない。

素早く車から降りて後続の車を誘導した後、スターターを取り出し、再始動する。

エンジンは掛かるものの、スターターを外すと直ぐに停止してしまう。

発電機も壊れているのだろうか?いずれにしてもアウトである。

交差点の信号を確認しながら交通誘導・・・JAFに電話をする。

JAF到着までの間、安全で的確な交通誘導を行い、その間、何度かエンジン始動を試みるも、結果は同じであった。

20分強でJAFのレッカー車が到着。ここではマズイというので、僕が運転席でハンドル操作を行い、JAFさんが後ろから押して、交差点を避けて少し先まで車の移動である。今にして思えば、がんばれば一人で出来たか?交差点をハンドル操作をしながら1.2トンのAT車・・・出来なくもなかったか?わからん・・・

さて、JAFさんに状況を診てもらったが結果は同じであった。ただ、充電は問題無く行えているらしく、バッテリー交換で復旧しそうだとのこと。それにしても完全に死んでしまったバッテリーを路上でサービスするのは、さすがにJAFさんでも珍しいようで、やや困り顔である。

自動車(バイク)というのは、バッテリーを外してもエンジンは停止しないはず・・・なのだが、今回、その固定観念が打ち崩された結果となった。

 自宅までのレッカー移動は400m程度。しかし、エンジンが掛からなければ車庫に車を戻すことができないので却下。近隣のディーラー、もしくはカー用品ショップまでのレッカー移動も考えたが、JAFの備品として新品バッテリーがあるというので、少々高くはついたが、バッテリー交換をしてもらうことにする。廃バッテリー処理費用を含めて9千円なり・・・

カー用品店で自分で交換するつもりが、JAFに来てもらって交換してもらったようなものだ。

 その後、試運転を含めて近隣を運転し、いつものGSまで移動した後、車の洗車を行う。特に問題も無く、万事、解決のようである。

それにしても、始動後、しばらく問題がなかったエンジンが、どうして止まるのだろうか?

先に述べたように電装関係は空調から全て停止していた。

もしかすると、完全に死んだバッテリーが負荷となっていたのだろうか?端子を外していれば、むしろエンジンは回り続けた可能がある。

このあたりは、いずれ検証してみようと思う。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 

Schi Heil !!

スキー滑走時の左右の脚への荷重配分(2020/10/16)

ちょっとした簡素な実験・・・

かつて日本のスキー界において、2003~2013年にかけて「暗黒の10年」と呼ばれた時代があった。
全日本スキー連盟(SAJ)が提唱するスキー教程において、「内スキー主導による操作」が言われ、滑走時の左右の脚への荷重比「5:5 」が、スキーヤーの目指すものとされ、それに応じて指導要領も大きく変化したのだった。

この背景には1998シーズンから爆発的に普及したカービングスキーの影響によるところが大きい。

これは世界標準で見ても異常な事態であり、日本のガラパゴス化の好事例とも言えるものだったが、国内で反論するデモンストレーター・指導者もほとんど無かった。

この暗黒の10年下で、一部ではインターネットのサイトを利用して抵抗運動(レジスタンス)が行われたが、それはある意味、昭和初期~終戦までの軍政下にも似た状況といえた。
(※日本職業スキー教師協会や、SAJ競技スキー界の一部は追従しなかった)
↑ この件については、この程度の説明 ↑ では不十分過ぎるし、シリーズ化しなければ書き切れるものではない。

さて、暗黒の10年以前の1999年頃、カービングスキーを効率的に使うには左右の脚の荷重比「5:5 」は、一部のスキーヤーで言われ始めていたのは事実だった。
(※実はとんでもない間違いだったわけで、当時の既存のスキー論からの延長上での勘違いだったように思う)

2000年初頭、とある技術キャンプに参加した僕は、両脚の荷重比「5:5 」・・・を実現すべく躍起になっていた。
その過程において、体重計を利用して荷重比を体感することを思い付いたのだった。

その後、抵抗運動の末期、僕自身も両脚の荷重比「5:5 」という考え方の無意味さを検証するため、改めてこの体重計を用いた検証を行ったのであった。

現在では、両脚の荷重比「7:3 」ぐらいが理想的だとされているが、実験によって、抵抗運動の末期にあっても、荷重比「7:3 」に、かなりの無理があることに気付いていた。

この体重計を利用した簡素な実験により、スキーヤーの感じる内面(フィーリング)と、現実とのギャップが浮き彫りとなったのである。

これまでは床面に体重計を置いた実験だったが、今回は斜面に立った状態を意識して段差を用いた検証を行ってみた。

【これまでの検証結果のまとめ】
①滑走中に、左右の足への荷重比「 5:5」を維持すること、そのものが困難。
②床に立つだけでも人間は「5:5」に出来ない。身体の癖で必ず「6:4」ぐらいに片寄っている。
③荷重比 「8:2」と「7:3」の違いを、静止状態であっても、僕のバランス能力では制御できない。
④内足を床面に置いた瞬間に「9:1」、力を抜いて乗せてしまえば「7:3」になる。これは内面的フィーリングでは「10:0」「9:1」ぐらいのところである。
⑤斜面に立ったことを模した検証では、普通にスキーを意識して立っているだけで「9:1」となる。
⑥制御が難しいと書いたが、僕自身がいつもイイ感じで滑っている時の、実際の荷重比は、斜度・平面を問わず常に一定で「87:13」であった。

このように簡素な実験によって、簡単に検証が可能である。
これまでの技術論が、個人の主観に頼ったものであり、科学的検証がほとんど成されていない事実が見えてくるのであった。

 斜面に立つ「外足」の荷重値が見えてくる。


 斜面に立つ「内足」の荷重値が見えてくる。


 

Schi Heil !!

 

兵庫県は登山遭難者数全国第4位の事実(2020/10/16)

昨夜のニュースで兵庫県は登山遭難者数全国第4位の事実を知った。

調べてみると確かに事実で、2019年は全国第4位。他の年度でも5位ぐらいを推移していることがわかった。
ただし、他の要素(件数、死者数、負傷者数、死傷者数)では、だいたい5位ぐらいのポジションにあるようだ。
いずれにしても、兵庫は山岳遭難者は多い県・・・ということだ。
県内では六甲山系が圧倒的に多かったのだが、これは京阪神の登山者が集中して訪れているからであろう。
実は、冬期の氷ノ山も遭難者が多く、山陰地方にあっては伯耆大山に次ぐ多さといえる。(伯耆大山は圧倒的に多い)
東京、神奈川が多いのも兵庫と同様で、東京都の奥多摩、神奈川県の丹沢といった有名処を有しているからだろう。


余談だが、遠距離レジャーに関連した、登山にまつわる交通事故件数なども調べてみる必要があると思う。移動距離に応じた事故件数比が見られるのか?、逆に、一般ドライバーと比べて(運転慣れ)事故件数比が下がるのか?興味深いところである。

f:id:skihakuba2drnobo:20201016094348j:plain

 

池江選手インカレでの件(2020/10/03)

写真は池江選手、復帰第1戦のもの。
先日のインカレでも「泳いでいる時に無上の喜びを感じた・・・」的なコメントがあったようだ。
(※10/1の報道を調べているが見つけられない)
さて、池江選手のコメントは、以前にも書いたが「炎のランナー」(1981年)のクライマックスにつながるものである。
彼女が感じる「喜び」は、単に「今、やりたいことをやってる」喜びとは異なるものだ。
ある意味、こういった種族の方??の場合、寝食を忘れて泳いだり・・・ただそれは、僕がスキーを滑っている時の「依存症」的なものとは異なり、「そのように、この世に生を受けた」結果・・・と表現すべきだろう。
今後も彼女のコメントに注目をして行きたい。


 


 


 

ヤマモモの木(2020/09/28)

「親父の木」と名付けていたヤマモモの木が伐採されているのを本日確認した。

この木は、父がウォーキング中に実がなっているのを見つけたことで、父の学徒動員中のエピソードを知ることとなった。

とても残念に感じる。周辺の斜面では22日に松の木も伐採されていたから、何か関係があるのだろう。

それにしても、人間の都合で植樹され、人間の都合で伐採されるとはな・・・


 


 


 


 

理事長再選のくじの結果より(2020/09/28)

理事長再選のくじの結果から、不思議な現象録(2020/06/23)にも関連して、以下の結論を導くことができた。

 

①前もっておこる予想(予言)は当たる。

 →その理由があるはず。潜在意識からのメッセージ?自分が動いている?

②人生、全てが受動的とはいえず、工夫をして予測回避が可能。

③不都合が、度々、発生する系統は避けて通る方が良い。

 →損得ではなく、それが神(潜在意識)の意思

④スキーをする時期になると忙しくなったり、フリーダイビングの季節に台風が多くなったり・・・しなくてよい(無理する必要はない)

理事長再選の件(2020/09/26)

コロナ禍の中、無事にマンションの総会も終わり、来季の理事長として再選された。
理事の期間は持ち回りで2年。
その6名の理事から理事長を選ぶシステムである。
 
1年間、理事長をしっかりと務めさせてもらったので、断ることは簡単だったが、我こそは・・という方も現れず、また、理事長の作業の内容を説明し、なぜ僕が困っているか?の部分を説明しても、当然のことながら全員が自分の不都合を述べるのみ。
 
そこで、興味深い試みを・・・昨年と同様、僕も含めた6名であみだくじを行うことを提案した。
すると・・・昨年と全く同様に、僕が1本だけ描いた線が見事に決め手となり、再選となった次第。
この結果に管理会社の担当員も引き気味となる。
 
さて、理事長の仕事だが、管理会社の担当員が御膳立てしてくれるので、実際の業務としては最終承認と理事長印の押印が主となる。
ビル菅の仕事をしているので内容は馴染みの通りであり、むしろ得意分野でもある。
とは言っても、最終承認者の責任上、めくら印は押せない。
自分で資料を作成し、それなりの確認を必要とする。
 
僕が困っているのは、月の1/3以上を仕事で自宅を留守にしている点だ。その間に書類がたまってしまうこともしばしばである。
明け残や、泊りが2~3回連続することもあり、それが土日や連休と重なると、帰宅後、何を置いても理事長の仕事を片付ける必要が出てくる。
いっそのこと、職場で出来たら・・とさえ思う。
 
そこで改善である。時節柄、押印の廃止が出来ないか?を打診したところ、それは無理だという。
続いては、申請書などの主要な部分を予め管理人さんなどに記入してもらい、署名と押印のみで済ませられないか?を打診してみるつもりだ。
稟議と押印の悪癖を撤廃、業務の簡素化・・・
今期、請け負った「専有部作業」と似てるではないか。
 
問題は「冬・スキーシーズン」である。8/11~9/10までのシフトを例に考えると、本当にスキーは可能か?という話が出てくる。
「泊り」は10日間で月間の1/3である。翌日が勤務でスキーから帰宅した夜のみ自宅での就寝・・・と考えると、それは8日間しかない。
とはいえ休日の全てをスキーに当てるのはさすがに体力的に無理であるから、月間目標5日滑走を当てはめて15日間を自宅外で就寝することになる。
一方で11日間は「明け」となるので、日勤(2)と休養日(3)と明けを含めて16日間は在宅している瞬間があることになる。