Welcome!

今この瞬間を大切に(2022/01/16)

「今、この瞬間、快調に過ごせていればそれで良い。」という考え。 懸案事項を羅列して対策を講じるのも不安を取り除くために大切なことだが、先に不安を感じると、今、何も無いのに不安に駆られてしまう。これは心理上良くない。 考えるに「不安感に駆られ…

なおかつ-ルブラン(2021/12/08)

小豆島から高松に渡った12月8日・・・鳴門の「大塚美術館へ」 1枚だけ展示がありました!エリザベート-ルイーズ ヴィジェ-ルブラン・・・

TALEXとキーケース(2021/12/04)

サングラス受け取りに元町へ。土曜日、この時間帯に私用で街に出かけるのは久々。20年ぶり以上では?! サングラスついでに百貨店にて買い物。頑張ってる自分へのご褒美?! んな、あほな… 【 TALEX 】満を持してのサングラス購入。僕はスキーはゴーグル派だ…

普通のこと(2021/11/13)

数日、降り続いた長雨も終わって。 本日から、僕が入社してから24人目に入って来た方の泊り勤務がスタートする。これで形だけは2020年1月10日の状態に戻った。 あと1名・・・泊り勤が出来る人が入れば、形だけは2年前の体制に戻る。とはいえ、満人員体制だ…

下書き()

探求の目的ある種の歩行→元気なはずなのに足が前に出ない、困憊しているとき、軟弱斜面の登高など→気付きからスキーへの応用。 「崩し」ではなく「崩され」腕を振る…ではなく、振られ「肩・上体」の「崩し」+脚の直線的な「前後の運び」=(により)=残し…

無謀か用意周到か?(2021/11/04)

先にニュースで知ってただけにビックリ・・・ 実は内容に興味は無かったのだが。 それよりも、SNSで批判が集中し、中止となった点が印象的だった。 社会の反応が、亡くなった登山家のK氏と重なるものを感じる。 クラウドファンディングで資金集めをして、SN…

第5波の沈静化(2021/10/25)

しかし減ったな・・・それでもまだまだ、1年前の第2~3波の谷より感染者は多い。 1年前は波が盛り返しつつあるところだった。 第2波までは、行政などの対策が2週間ほど遅れて効果が表れる感じだったが、この頃から全く追えなくなってしまったのが印象…

笑いと脱力(2021/10/21)

緊張しないこと→「笑い」長らく忘れていた。 資格試験を受けていた頃は、試験中にとにかく意識をしたものだ。特に第一種電気工事士など、実技試験の局面で意識をしていた。 意識が出来ると、脳内の血流の循環がスッーっと改善するような、そんな感じになった…

改めて脱力・・(2021/10/21)

昨夜の山行は、これまでと同様、困憊して来るとやはりガチガチに力んでしまい、そこから今一つ好結果が出なかった。 巷でも「肩の力を抜け」「力むな」と、もう当たり前のように言われるが、改めて、達人と凡人の違いは、この「脱力」が上手く行っているのか…

TOK師匠→合気道への長い旅(2021/10/19)

【TOK師匠→合気道→「笑い」への長い旅 】 「Letスキー」と巡り会ったのが21年前である。当時、知り合ったばかりのスキー仲間のKeiさんから、八方尾根SSのスキー教師がコアなサイトを運営していると教えられたのが2000年の2月末。兵庫県のシーズンも残りあと…

合気道の理論(2021/10/17)

合気道の崩し・・・その運動の合理性もさることながら、一種の「ステルス」であるという結論に至った。 突然、床が抜けたり、ダッシュをした瞬間に足を引っかけて転んだり、突然、重いものを持たされたり、重いはずのものが実はメチャクチャ軽かったり・・・…

高ストレスグループにランクイン(2021/10/07)

半年に1回行われる職場のストレス度チェックアンケート・・・今回、初めて高ストレスグループにランクインした。 高ストレスグループの認定を受けると、医師による本格的診断の申込書が添付されて来る。恐らく、今回のアンケートでは、ベテラン勢は全員、高…

気配を消すこと(2021/10/05)

職場の周辺にその筋と思われる方がいる。独特の雰囲気・オーラを発しており、そこらのなんちゃってとは違い、かなり異質に感じる。 こういった方は時々見かけるのだが、長年、その醸し出されるオーラに付いては謎のままだった。 昨日もこの方を見かけたが、…

車内での就寝方法(2021/09/30)

昨夜、E勤務のベッドで就寝中、脚部を挙げて台の上に乗せるようにすれば、ワゴン車の荷室長(170cm)でなくても車内で寝ることが可能だと閃く。計算上150cm程度の長さがあればそれは可能だった。全くもって驚きの閃きで、お告げのような感じすらある。 大抵…

理事長退任(2021/09/24)

不思議な現象録にも記した2年連続・理事長を引き当てた件、これは僕の人生の中でも極めてツキの無い、ワーストに記録される事件だった。しかしその一方で、理事会運営上の成果を出しつつ大役を全う(完遂)できたことは、極めて価値があった・・と評価でき…

ワクチン接種2回目の経過(2021/09/18)

1回目と同様、ほとんどズレ無く、症状が出始める。 本日、11時、検温36.3℃12時半、ワクチン接種(ファイザー) 帰宅時より1000ダケダ、ゼリードリンクなど。 13時半頃に帰宅。就寝は15時半頃より就寝。 19時半、36.6℃、76拍。接種箇所の筋肉痛、軽いめまい…

意見は組織内の立ち位置によるⅡ(2021/09/14)

前の号で、 日本的組織は、個々の人間関係における「上下関係・立ち位置・格の違い」の組み合わせで成立しており、組織に声を挙げることで、居場所が完全に消滅してしまう一方、居場所さえ確立していれば、何をやってもスルーされる利点もある。これが各種ハ…

意見は組織内の立ち位置による(2021/09/12)

組織での意見が通るか否か?それには組織内での「立ち位置」そして「格」が重要だ。 mrrn氏からの頂き物にはなるが、SJ誌 2001/10号より この時期、誌上では、まだまだ「外足か内足か?」決定的ではない。自然で楽な・・・が、スキー教程に採用されたのが2…

たまたま感染症のやりとり(2021/09/04)

とある県で季節性インフルエンザ激減の報にある方が疑問を呈してたので返答を。 (2021/09/03夜)マスク手洗い外出抑止・・などの結果とみる専門家は多いです。昨年の2月、沖縄のインフルエンザが激減した時からの流れになります。(※例年、沖縄は本土から…

名も無く貧しく美しく(2021/09/02)

高峰秀子主演「名も無く貧しく美しく」(1961年) 何が幸せで何が不幸なのか?それを考えさせるストーリーだが、このろうあの夫婦が、不自由で貧しくながらも幸せで、姉弟らが不幸だ・・・という、単純対比でこの作品を結論付けるのは尚早である。物語の終盤…

ワクチン接種1回目・学び(2021/09/01)

今回のワクチン接種は発見も多く、僕のこれまでの風邪に対する認識だけでなく、健康や病に対する概念すら変える経験となった。これまで僕は、風邪の諸症状というのは、ウイルスの体内侵食と免疫機構との激しいせめぎ合い、つまり国家同士の紛争のようなもの…

ワクチン接種1回目その後(2021/08/30)

正直、ひどい目に遭ったというのが本音である。・・・が、39℃台の高熱が出て寝込む方の話もちらほら聞かれるから、僕は楽な方と言える。発熱と頭痛、クシャミ鼻水以外は全て出そろった感じだった(※ただし、COVID-19ではクシャミ鼻水は聞かれない) 症状のラ…

ワクチン接種1回目の経過(2021/08/29)

ワクチン接種1回目の経過は、かなりひどい。よく「身体が若い証拠やね・・・」で済まされるが、そんな単純なものではないと思う。 昨日28日に接種。11時半、検温36.8℃12時半、ワクチン接種(ファイザー)直後からCCレモン、ゼリードリンクなど。13時頃に帰…

「おひさま」があって今がある(2021/08/28)

現在、父と同級生のMさん、Yさんが目撃した、昭和20年夏の玄界灘沖での米軍機攻撃による一連の船舶沈没について調べているが、ここに至るまでに、父方の先祖調査、ノモンハン現地慰霊で一緒だったN団長、K副団長、他、母方の伯母、恩師Y先生・・・らか…

二十四の瞳・DVDと原作(2021/08/27)

小豆島ネタの続きになるのか? 1954年木下恵介監督「二十四の瞳」(デジタルリマスター版)と原作・壺井栄を購入。 これまではYouTubeで、キーワード「Move Twenty-Four Eyes」などで検索すれば、何らかの形で視聴できたが、今回、意を決してDVDと原作を購入…

覚書途中(2021/08/27)

〇人の成長←人格を変えてしまうほどのめり込む何か・・・ ○欧米流の「民主主義」を主張し、日本流の「なあなあ」(集団内ポジション)におんぶ(便乗して)されている。 ○『個人的には 』 ・・よく使われる言葉。自分もよく使うと思う。意味が無いと忌み嫌う…

おそらく最古の記憶(2021/07/29)

つい先日、実家で子供の頃のアルバムを見ていた時、長年、生家であるまさみ荘だと思っていたアパートの2階の写真が、どこか別のアパートだということに気付いた。 写真には、ほぼ同時期の祖母も写っており、日当たりや服装の感じからも、何ら違和感が無い。 …

駄菓子屋の意義(2021/07/29)

駄菓子屋か・・・あまり考えたことは無かった。外国人記者による「日本の駄菓子屋考」を読む機会があった。 考えれば、僕ら世代の少年期、駄菓子屋で過ごす時間というのは、ごくごく日常であり、駄菓子屋文化の無い(?)外国人記者が抱くような視点で駄菓子…

異常な流れが続く(2021/07/29)

やっと、僕の方で発注した、マンションの方の廊下照明用タイマーの交換工事が完了した。それにしても忙しい。この異常な流れがいつ頃から続いているのか?日記を辿ってみたが、抜き出してみると凄まじい内容だった。 以下、その内容・・・ 大きなところでは…

五輪1964年東京大会・聖火ランナー(2021/07/26)

僕をおんぶした母が撮影した聖火ランナーである。どうやら西舞子が聖火の引継ぎポイントになっていたようだ。 五輪1964年・東京大会、聖火ランナー撮影;生後7か月の僕をおんぶした母による(昭和39年9月24日)国道2号線・山陽電鉄西舞子駅より東へ150mほ…