2017/04/24 大山、振子・鳥越峠エリア①

前日、夜勤明け。朝の気温が8℃と、昨日の15℃から一転、寒い朝となる。快晴で気持ちが良い。
前夜は1番館にいる時は花粉症の症状が出たが、2番館に移動してから楽になる。

帰宅後、12時半に準備が整い、直ぐに出発。抜けるような青空である。コープ朝霧にて買い出し。ガムと巻き寿司、いなり寿司、一番搾り零(ノンアルコール)を購入。

14時10分、山崎にて給油。そこから中国道に入る。車は少ない。15時10分、米子道に入る。
15時40分、蒜山Pにて休憩。大山を見ると、驚いたことに雪が無い・・・
16時、米子道を降りる(1700円)。
16時15分、サントリー天然水工場前通過。ナビの案内の通りに行くとやや遠回りとなる様だ。
16時半、いつもの駐車エリアに到着。車は1台のみ。休日ということもあり、多数の車、バイクが通過して行く。
食事を済ませ、17時過ぎには就寝。
22時頃に一旦、起床。着替えを済ませる。
本日は、どういうわけか花粉症の症状が無かった。

朝、4時半起床。最後の着替えと朝食を済ませる。
5時10分、スタート。快晴・放射冷却の影響で寒い。

6時半、鳥越峠手前で日が当たる様になる。疎林の方に自然に誘導され、7時10分、キリン峠の尾根上に辿り着くも、完全に藪に囲まれた状態となる。意を決してスキーを担ぎ、藪を突破する。

7時40分、キリン峠上部。鳥越峠方面にスキー滑走で下る。
8時05分、鳥越峠の肩の部分は辛うじて藪が無く、うまく鳥越峠の東面に入ることができた。
鳥越峠東面はブッシュが露出しているものの、峠寄りの斜面に滑走ラインが取れ、地獄谷方面へ滑り込むことができた。
8時15分、地獄谷から本沢出合まで滑る。雪割れがひどく、進むか否かしばらく悩むが、午後の雪の状態なども考慮して撤退する事にする。

9時、鳥越峠東面のボウルに到着。
休息の後、9時50分、1本目滑走。
11時15分、2本目滑走。ピークの頂上まで歩いて行ったのでやや遅くなる。

→大山、振子・鳥越エリア②へ続く



イメージ 1


加古川バイパス。
抜けるような青空・・・

イメージ 2


蒜山P。大山に雪が無い・・・!
氷ノ山界隈より早いのか?

イメージ 3


蒜山ICを降り、鳩ヶ原を通過・・・
樹木の無い草原の急斜面、谷の間を行く。

イメージ 4


サントリー天然水の工場前を通過。
遠回りだったが、気になっていた場所でもあり、まぁいいか・・・

イメージ 5


奥大山スキー場の駐車場を横目に・・・
イメージ 6


ブナ林へ入って行く・・・
イメージ 7


いつもの駐車エリアに車を停める。
そういえばくしゃみが出ない・・・

イメージ 8


花粉症対策でノンアルコールビールである。
イメージ 9


4時半、起床。
明るくなるのが早くなった。

イメージ 10


5時過ぎにはもうこんなに明るい・・・
他の車は無い。
(理由は後でわかる)

イメージ 11


地肌が見えている。
イメージ 12



いつものブナ林の宿り木・・・


イメージ 13


鳥越峠手前で日が射して来た・・・
イメージ 14


かなりブッシュが出て来ている。
イメージ 15



ここにもハニワ出現・・・
イメージ 16


藪に阻まれて前進できない。
それでもキリン峠を上り詰めるが・・・

イメージ 17


藪に囲まれていた・・・
つまり、シーズンは完全に終わっていたということだ。それで車が居なかったのだ。

イメージ 18


ここをスキーを担いで突破するのは至難の業・・・
イメージ 19


それでも藪の先に1本のラインを発見する。

イメージ 20


鳥越峠方面に滑ってはみたものの、やはり藪に囲まれていた・・・
イメージ 21


ようやく、1本のラインを発見。鳥越峠東面に抜けることに成功した。
イメージ 22


峠寄りに1本の滑走ラインがあり、滑って降りることができた。帰りはここを登れば良いだろう。

イメージ 23


地獄谷・・・
雪割れ激しく、危険な状態。

イメージ 24


その先の振子沢方面も・・・行って行けなくは無いだろうが、帰宅時のことを考え、撤退を決める。
イメージ 25


地獄谷を登り返す。常に落石があり、ここも危険な状態・・・
いずれにしても午後にこの一帯を通過するのは、いろんな意味で危険である。

イメージ 26


鳥越峠のボウルに戻って来る。

イメージ 27


考えれば、ここは、これまで何度となく通過しては、その都度、一度滑ってみたいと考えていた場所だった。
イメージ 28


登るはずだった振子沢が見える。
イメージ 29


振子沢の上部も少しだけ見えた。
以前、滑走したポイントの様だ・・・

イメージ 30



鳥越峠の帰りのラインも良く確認しておく。
イメージ 31



かなり厳しいが、何とかなりそうな目処が付いた。
イメージ 32


2本目。以前から気になっていた沢を上り詰める。
イメージ 33


かなりの斜度だ・・・
おまけに雪が緩んで来て、いつ何時、雪崩れても不思議はない状態・・・
(初めてのエリアなので予測が付かない)

イメージ 34


とうとう上り詰めたぞ!
そこからスキーをデポして、更に先の頂上まで行く。ピークに特に名は無いようだ。

イメージ 35



転倒しない様に、そして楽しみながら滑った・・・
至福の一本である。

イメージ 36



わりといい雪質だった。

Part2へ続く・・・


Schi Heil !!