2017/05/08 氷ノ山越・氷ノ山・ねじれ

ライブカメラ映像から雪が消えてから久しくなるが、昨季は雪不足であっても4/2まで滑れた。積雪豊富な今季はどうであろう?こればかりは現地に行かなければわからない。GWを過ぎてはいたが、ライブカメラ映像と現状のすり合わせを行うために現地へ向かう。この情報収集が、来季以降、活きて来るはずだ。
ちなみに当地方でGW以降にスキーへ向かうのはスキーを始めて29年で初めてのことである。

夜勤明け・・・歩き中心となりそうだったのでスカルパF1を出してみるが、白く粉を吹いている上に、履いたフィット感がルーズなので使用は止めた。テレマーク用のスカルパもそうだが、10年前のブーツは改めてルーズだったのだと再認識する。

13時20分、再準備となったので出発が少々遅れる。音水湖畔でしばらくレンタルカヌーを見学。
戸倉トンネル手前の待避所、少し残雪があるのを確認。ライブカメラの映像からは消えているが、まだまだ有る所には有る・・・

16時、若桜町のスーパーにて買い出し。巻き寿司が食べたかったが無く、ブリの刺身、カツオのたたき、シャケ弁当とスーパードライ一番搾りゼロを購入する。そのままスキー場駐車場に行き、食事をする。食事には一番搾りゼロの方が合った。食事後に就寝。

翌4時45分頃、起床。複数の忘れ物があることに気付く。ドリンク類、副食のチョコなど・・・
5時半、出発。旧伊勢道・夏道を行く。周囲の所々に残雪があるものの、夏道に積雪は無し。
渡渉の際にファンタオレンジの古い缶(スチール)を見つけて驚く。

7時丁度、氷ノ山越到着。残雪はあったがラインが取れない。いつもの滑走開始ポイントから3ターン可能だった。3ターンだけだと意外に難しい。課題として考え、登りではシールを付けずに15本を滑る。

9時、まだまだ時間が早いので氷ノ山登山に切り替える。こしき岩は無雪状態だった。枝の処理でかなり苦労する。周囲を見渡すと、山頂直下他、かなりの残雪があるのが確認できた。

10時半、氷ノ山山頂。ネジレ谷を確認するとラインが取れることが判明。ハイシーズンにはアイスバーン化する斜面が、この時期まで持ってくれていた。

腹ごしらえの後、11時10分、1本目。かなりの急斜面。4ターン可能だった。合計で5本ほど滑走する。
最初っからこちらで滑っていれば良かった・・・と後悔。

12時過ぎに下山開始。下りでは何人かの登山者とすれ違う。皆、一様にスキーを担いでいる私を見て呆れ顔・・・(笑) 枝などの処理に手間取り、また水切れや副食が無く、ややバテる。

13時50分、氷ノ山越え避難小屋。
14時40分、車に戻る。帰りの食料やドリンクが無かったので、若桜町駅前のスーパーに直行。シャケ弁当とドライゼロの500を購入。道の駅で食事を済ませる。

16時10分、帰途に着く。途中、古びた小橋の撮影。また、音水湖が鏡の様に穏やかだったので撮影・・・帰宅に時間を食ってしまう。

17時21分、道の駅・一宮。水を購入。
17時40分、安富交差点。心配された帰宅渋滞は無く、19時、神陵台GSにて給油の後、洗車を行う。
19時17分、帰宅。
帰宅後の花粉症の症状が激しく、片付け終了後、直ぐに就寝。明日が思いやられる。



イメージ 1


明けの日、快晴の中、スキーに向かう。
イメージ 2


音水湖ではレンタルカヌーを見学。
楽しそう・・・(笑)

イメージ 3


待避所にはまだまだ残雪が・・・
イメージ 4


駅前のスーパー・・・
今回はお目当ての巻き寿司が無かった。

イメージ 5


快晴・・・
ハイシーズンとの違いを噛みしめながら走る。

イメージ 6


いつもの場所・・・
イメージ 7


渕見集落も緑が輝いている・・・

イメージ 8


ハイシーズン中は薄暗いのだが・・
イメージ 9


不気味な雪のガードレールも無い。
イメージ 10


明るいつく米集落・・・
イメージ 11


雪の気配は感じられない・・・
イメージ 12


とりあえず、ブリの刺身とカツオのたたきで一杯・・・と言いたいところだが、花粉の季節はノンアルコール(笑)

イメージ 13


翌朝は快晴!
イメージ 14


この微妙な残雪が、現地ではどうなのか?
それは行ってみなければわからない。とりあえず、情報収集である。

イメージ 15


夏道入口付近にはまだまだ残雪が・・・
イメージ 16


逆に、これぐらい少なくなってくれると歩きやすい。

イメージ 17


夏道(旧伊勢道)をトレースする。

イメージ 18


有る所には有る・・・ただし、底が抜ける可能性があるので滑れない。
イメージ 19


夏道に積雪は無く歩きやすい。
イメージ 20


前回、念入りに調べ上げた渡渉ポイント。
イメージ 21


何と!懐かしのファンタオレンジ!それもスチール缶である。
イメージ 22


無事に渡渉も終わり、トイレ休憩など。

イメージ 23


この界隈も残雪はある。
イメージ 24


赤倉山南斜面・・・
イメージ 25


眩しい・・・
イメージ 26


雪はあった!
イメージ 27


それなりに豊富である。
さすが・・・

イメージ 28


山頂方面も、緑の合間に残雪が確認できるではないか・・・
イメージ 29


とは言っても・・・
滑走のラインが取れない。

イメージ 30


快晴の空の蒼、新緑と残雪の対比が美しい。
イメージ 31




快晴で良かった。
それにしても新緑と残雪・・・不思議な取り合わせである。
イメージ 32



滑走ポイント・・・
イメージ 33


3ターンだけ滑るのが如何に難しいのか?
考えさせられた。新しい課題である。

イメージ 34


時間も早いので氷ノ山登山に切替える。
あわよくば滑れるかな?

イメージ 35


新緑のブナ林・・・
イメージ 36


ブナの根・・・
登山道で踏まれ、木が弱ってしまうのだという。

イメージ 37


新緑が眩しい・・・
イメージ 38


有る所にはこんなに・・・1.5mほどかな?
イメージ 39


夏道の枝にスキーが引っ掛かり、歩きづらい。


イメージ 40


赤倉山方面・・・
あっちの方が良かったかな?

イメージ 41


山頂直下の笹林を行くと・・・
イメージ 42


氷ノ山山頂・・・
イメージ 43


快晴で気持ちが良い。
イメージ 44


絶壁の様なネジレ谷方面。
その先には雪の消えたハチ高原スキー場

イメージ 45


わりと急峻で良い斜面だった。
イメージ 46


急斜面ということで、シール登高の練習にもなった。
イメージ 47


良い感じで4ターンできる。
残雪期には良いかも・・・ただし、ここまで来る苦労がある。

イメージ 48


少し遅くなったので、滑走はそこそこに終了・・・
イメージ 49


ブナの天然林・・・
イメージ 50


水切れと副食が無かったのでややバテ気味となる・・・


Schi Heil !!